クレジットカードは徹底比較してから作ろう

通常のショッピングで現金要らずで買い物ができて、ネットショッピングでも便利に利用できるのがクレジットカードです。最近はクレジットカードが使えるお店やネットショップもたくさんあり、生活を便利にしてくれるアイテムとして重要な役割を占めています。お得にカードを利用するなら、まずはカードを作る段階で徹底比較するのが大切です。

利用シーンを書き出して、その中で一番お得にポイントが貯まるカードを作るのが良いでしょう。また、会員優待も考慮に入れるのが得策です。例えば、ガソリンを入れる時に割引きになったり、特定のレストランで利用すると割引きなるなど、自分がよく利用するサービスでの特典でも比較するのがおすすめです。そして、海外旅行によく行く方なら、旅行傷害保険や付帯サービスの内容にも注目してみるのが大切です。

目的に応じたポイント還元率や特典内容、サービスの充実度などを検討して、自分に合っていてお得になるものを選ぶのが重要です。最初のカード選びに時間をかければかけるほど、お得度や満足度も違ってきます。自分ならではのカードの利用方法を色々と考えてみて、目的別にカードを比較して、一番お得になるカードを作るのが良いでしょう。

クレジットカードが発揮する奥義とは

買い物をする場合には、現金が必要ですね。しかし、最近はその部分も色々と変わってきており、財布に現金が入っていなくても普通に買い物ができてしまうこともあります。それがクレジットカードの素晴らしい部分であることは多くの人が知っていることではないでしょうか。

普段の生活の中で、ここまで多くの人が知っている機能というのも、中々見当たることができないので、珍しいということになるのですが、普段の流れの中でどこまでを、この部分が正当化させるのかは常に難しい問題になっていると言われていました。

ところが、最近の技術的な進歩によって、それが可能となったことによって、普段とはまた違った新しい仕組みが誕生してそれをどのようにして納得させるのかが問題となってきていたのですが、奥義がここで炸裂したんですね!というのも、クレジットカードでは、ポイントがつくということをサービスの一環としており、買い物で積極的に使ってもらえるようにしているのです。すると、この奥義が炸裂するかたちとなり、どんなときでも考えて行動ができるようになってきているので、素晴らしいと考えることができるようになってきたのです。

今後もこの流れは続いていくことでしょう。

 

おすすめクレジットカードと現代社会

道具の利用価値は、主に多くのユーザーが決定していきます。特にお金に関する道具の場合、わたしたちはより慎重にそれらを扱っていきます。ま た、近年ではユーザーが活用できる道具も多くなっているので、より正確な選択などが大切です。現代の日本では、サービスや道具の選択が大きくメリットやデ メリットを分けていきます。クレジットカードなどの便利な道具は、実際に使用することでメリットが分かります。

これらのクレジットカードは会社ごとにコンセプトなども異なり、よりユーザーの深い理解が必要です。また、最近ではおすすめクレジットカード会社の情報を知るために、口コミや掲示板なども利用できます。ここでは、特に最新のおすすめクレジットカードを知ることが可能です。クレジットカード会社には、古いものと新しいものがあります。これらの会社にはそれぞれメリットやデメリットがあり、ユーザーの判断によって決めることが可能です。

特に新しいクレジットカード会社では、より時代性に合ったサービスを提供していることが有名です。これらのクレジットカードは、主に使用できる範囲 も大きく拡大しています。おすすめクレジットカードは、実はわたしたちの身近に存在しています。これらはテレビやインターネットなどで多く紹介され、実際 に触れている場合があります。

また、時にはこれらの紹介に魅力を感じ、クレジットカードを使ってみることもできます。人間が現代社会でクレジットカードを使用することは、決して珍しい光景ではありません。

 

 

クレジットカードのいろは

クレジットカードとは

普段の買い物の支払い手段として何気なくクレジットカードを使用しているかもしれませんが、クレジットカードとは具体的にどういうものなのかを考えたことはありますか? クレジットカードの基礎知識を理解しておくことで、より活用の幅が広がるかもしれません。

後払い制の支払い手段

クレジットカードは買い物をする際に、現金の代わりに提示することで決済を行うことが出来ます。その際、現金あるいは預金などの資産はその場では減らず、使用したカード会社が決めている各月ごとの締日にクレジットカードの利用総額がまとめて請求され、そこで初めて代金を支払います。一時的にお金が足りない場合や巨額の買い物をするときなどして多くの現金を持ち歩きたくない場合に有効活用することが出来ます。

18歳以上が取得対象

クレジットカードは誰もが持てるわけではありません。原則として18歳以上の年齢であることが求められますが、それに加えて未成年、つまり18歳と19歳の人がクレジットカードの発行をしたい場合は親の承諾が必要となります。また、18歳でも高校生である場合は発行が不可能となっています。

発行には審査が必要

クレジットカードは申し込めば誰でも手に入れることが出来るというものではありません。通常クレジットカードを発行する際は、カード会社が申込者の審査を行います。審査の内容は申込者の信用情報についてです。例えば名前や住所などの基本的な個人情報や、職業や年収、借金経歴や支払いの滞納履歴など、複合的な要素から審査が行われます。

このような審査が必要な理由はクレジットカードが前払いの支払い手段であるためです。クレジットカードを利用すると、その場では自分の資産は減りません。端的に言ってしまえば、カード会社から一時的にお金を借りて支払いを行っていることになります。カード会社側からすれば、お金を貸してることになりますので、必ず返済をしてもらわねばなりません。

しかし、審査も行わずに申し込んできた人すべてにカードを発行してしまえば、返済能力もないのにカードで大量の決済を行われてしまう可能性もあり、その結果代金が回収できず、いわゆる貸し倒れになってしまう危険性があります。そのため、申込者にカードを利用するに値する返済能力があるかどうかを調べるために審査が必要となるのです。

この審査はカード会社によって異なり、どのような要素によって審査が厳しくなるのかはそれぞれですが、例えばカードの利用可能限度額によっても審査の厳しさは変わってきます。通常限度額が高いほど審査は厳しくなる傾向にあります。逆に限度額が10万円くらいのところであれば、審査はかなり甘く、学生でも容易にカードの発行を受けることが可能です。

利用可能限度額

前項の話でも少し出ましたが、クレジットカードには利用できる金額に限度が存在します。これは、一回ごと利用できる限度額ではなく、合計での利用額となります。例えば限度額10万円のカードであれば、合計で10万円までの支払いしかすることが出来ません。利用額はカード会社へ支払いを行うことで、再度リセットされるので、逆に言えば支払いを滞らせてしまえば、どんなに時間が経とうともカードを使用することは出来なくなります。

利用可能限度額は数十万円から数百万円までと非常にレンジが広く、その額はカード会社によって異なります。また、同じカード会社でも限度額には幅が設けられており、利用者の信用によって限度額は変化します。

通常、カードを手に入れた直後は限度額は低く設定されており、カードを頻繁に利用し、支払いも滞りなく行うことで信用が上がってくると限度額を増やすことが可能になります。限度額は利用者側がアクションを起こさずともカード会社が自発的に引き上げてくれる場合もありますし、利用者がカード会社に相談を行うことで審査をしてもらい、限度額の引き上げをしてもらえるケースもあります。

あるいは申込者の年収が高いなど、審査の時点で支払い能力が申し分ないことが証明されていれば最初から高い限度額が設定されるケースもあるようです。要はカードで利用した分の額を支払期日にキチンと支払いさえすれば限度額は拡張されます。限度額が低いと、どうもカードを利用することを拒まれているかのように感じられますが、そうではありません。

カード会社もカードを利用してもらうことで利益を得るのですから、支払い能力さえあれば、積極的にカードを利用してほしいですし、そのために限度額も引き上げます。ただ、支払ってもらえず貸し倒れが続いてしまえば、それは会社の存続の危機になりますから、事前に審査を行い、信用の低いうちは限度額も低いというだけのことなのです。

年会費

クレジットカードには年会費が必要なものも存在します。年会費の額はカードによってそれぞれ違い、数千円から数万円レベルのものまであります。年会費が有料のカードを使用するメリットはポイントの還元率が高かったり、空港でラウンジの利用が出来たりなどなど、年会費が高ければ高いほど良いサービスが付属していることが多いです。

そういったサービスをほとんど利用する機会がない、あるいはクレジットカードをあまり利用しないのであれば、こういった年会費のかかるクレジットカードを所持する必要はありませんが、頻繁に空港を利用したり、毎年多額の決済をクレジットカードで行ったりするのであれば、トータルで考えると年会費を払った方がお得であるケースも多々あります。

例えば年会費無料でポイント還元率1.0%のカードAと年会費1000円でポイント還元率1.5%のカードBを比べたとき、年間のカード利用額が20万円以上であれば、獲得ポイントの差は1000円分ですから、年会費を払ってでもカードBを利用した方がお得です。逆に、年に20万円も利用しないのであればカードAで十分です。ポイント還元率が高いからといって何でもかんでも年会費のかかるカードを選ぶのではなく、自分がそのカードでどれだけの額を利用するのか計算しなければ、かえって損をしてしまいますから注意をしましょう。

また、最近では年会費無料であるクレジットカードも増加傾向にありますが、年会費無料のカードには概して特典が少ないことが挙げられます。また、年会費無料のカードの方が平均的な限度額が低い傾向にあることも特徴の一つとして挙げられます、というよりも年会費の高いクレジットカード所持者には高所得層の比率が高いため、結果的に利用限度額が高めになってしまうのかもしれません。

そして、年会費無料のクレジットカードは、通常のポイント還元率が年会費有料のカードに比べて低い傾向にあります。しかし、カードによっては指定されたお店やネットショップでのポイント還元率が独自に高く設定されているケースもあり、年会費有料のカードよりのポイント還元率上回ることもあります。ですから、一つのカードで日常の買い物全ての支払いを行うのではなく、利用する対象によってカードを使い分ける柔軟性を持つことも大切です。

クレジットカードの仕組み

皆さんは普段の買い物の支払い手段として何気なくクレジットカードを使用しているかもしれませんが、クレジットカードは使い方を誤ると非常に危険なものです。クレジットカードの仕組みを知っておくことで安全な使い方を心掛けたいですね。

代金はどのように支払われるか

クレジットカードで買い物をしても、その場でカードから現金が生まれてお店に支払われるわけではありませんね。クレジットカードでの支払いを行うことによって、私たちの知らないところでお店とカード会社での取引が行われ、その結果お店に支払いが為されます。

カード利用者がクレジットカードで支払いを行うと、カード会社が利用者の代わりに代金をお店に支払います。このとき支払われる金額は商品の代金全額ではなく、カード会社への加盟手数料が引かれた額です。この加盟手数料がカード会社の利益となります。お店は自由にカードでの決済に対応することが出来るわけではなく、カード会社に加盟することによってそのカード会社が発行しているカードの決済に対応することが出来ます。その際、支払う手数料が加盟手数料です。

手数料を払ってでもカード決済に対応するお店側のメリットは、カードでの支払いに対応させることで、顧客の支払い手段を多様化させ、その結果商品の売れる機会が増えるので、間接的に利益を増やすことが出来るようになるからです。そして、カード会社はカードによって支払われた額を後日利用者に請求します。そして、請求された金額を利用者がカード会社に支払うことによって、一連の取引は終了になります。現金であれば、その場の顧客とお店の直接的な取引で終了しますが、カードでの支払いだと利用者とカード会社、そしてお店の三者が関係するやや複雑な取引になります。

カード番号

クレジットカードには表面に13~16桁の数字が印字されています。桁数はクレジットカードのブランドによって異なります。この数字はカードで支払いを行う時に最も重要とされる数字で、適当に割り当てられているわけではなく、とある法則に則って決められています。

最初の一桁の数字は主要産業識別子というもので、カード発行会社がどの業態に属している会社なのかを表しています。例えば、カードに表示されている最初の数字が1ならば航空、5ならば銀行・金融の業態です。そして、この主要産業識別子を含んだ6桁目までの数字を発行者識別番号と呼びます。この数字によってカードを発行している会社が分かります。そして七桁目から最後の数字の一つ手前の桁までが口座番号を表しており、カードによって固有に割り振られています。

そして、カードに記載されている最後の数字はチェックデジットと呼ばれる番号になります。このチェックデジットはカードの番号が正しい物であるかを検証するために設けられた番号です。つまり、カードを偽造したり、あるいは番号の入力間違いを起こした場合でも、このチェックデジットにより、誤りを即座に発見することが出来ます。

クレジットカードに記載されている番号は支払いを行う上で非常に大切なものです。誤って他人に見られてしまったりすると悪用されて、身に覚えのない請求をされてしまうことも考えられます。また、電話やネットでカード会社を装って番号を聞き出す悪徳会社も存在するようですから、細心の注意を払って取り扱うように気を付ける必要があります。カード番号は絶対に他人に漏らしたりしてしまわないようにしましょう。

セキュリティコード

クレジットカードは現金を所持していなくても提示するだけで支払いを行うことが出来る便利なカードです。しかし、それは逆に言えば、クレジットカードさえあれば誰でも支払いを行うことが出来ることを表しますので、紛失してしまったりすると悪用されてしまう可能性があることを示唆しています。紛失をしてしまった場合は速やかにカード会社に届け出て、カードの利用停止措置を行ってもらわねばなりません。

また、クレジットカードはカードリーダーで読みこむことによって情報を読み取り支払いに応じるのですが、何らかの不正の手段によってカードを読み取られてしまうと、カードの情報を使用して不正利用されてしまう可能性があります。これを防ぐために存在するのがセキュリティコードです。クレジットカードの裏面に記載されている数字列の末尾三桁が、このセキュリティコードです。

あるいは、カードの表綿に記載されているケースもありますが、カード番号ではない数字であればセキュリティコードの可能性が高いでしょう。セキュリティコードはカードリーダーによって読み取られることがないため、利用伝票などにも記載されず、直接カードの裏面を見られない限り、誰にも知られることはありません。そのため、本人確認の手段としてネットショッピングなどをする際には、クレジットカード番号や有効期限に加えて、この末尾三桁の数字の入力を求められることがあります。

その他情報

クレジットカードにはカード番号やセキュリティコードの他にも有効期限と名前とカードのブランドといった情報が表面に記載されていて、特にネットショッピングで決済を行う際には、こういった情報の入力を求められることがあります。

名前は自分自身の名前ですから間違えることはないでしょう。有効期限はカードが使える期限のことで月年の順で記載されています。12/17であれば2017年12月が期限です。通常ならば期限が切れる前に新しいカードが送られてきますが、送られてこない場合は審査落ちしている可能性もありますので、一度カード会社に連絡をする必要があるでしょう。

また、カードが変わると裏面に記載されているセキュリティコードも変わるので、月額払い制のサービスなどをクレジットカードで支払っている場合は、カード情報を更新しておく必要があります。カードのブランドはVISAやJCBなど、国際ブランドの種類のことです。これもネットショッピングの際は選択肢の中から選ぶ必要がありますので、使用するカードに記載されているブランドを選びましょう。